メンバー紹介

杉並9団のリーダーをご紹介します。

ビーバー隊

ビーバー隊隊長ボーイ隊副長を兼任しているitoh keiは、ノッポなカメラマン。被写体を探し求めて、旅をつづけている。青森出身なので、津軽弁を喋るかと思いきや、東京弁の使い手でもある。

 
 

カブ隊

カブ隊隊長代行をしているtsubasatsubasaは、フットワークが軽く、なんでもこなしてしまう。カブ隊で大活躍しており、ゆくゆくは団委員長の座を狙っている、かどうかはわからない。

カブ隊の料理長ことnakajima副長は、保育室の先生でもある。自身も、子どもの頃にガールスカウトを経験している。すべてにおいて経験豊富であり、太刀打ちできるものは皆無なのだ。

カブ隊副長をしているkikuchiは、三児の父。息子もスカウトとして活躍している。厚い信頼で、カブ隊を引っ張っている。

カブ隊きっての温和な副長であるsekinoは、主に活動のプログラムから進行役までこなす。なんでもひとりで出来てしまう、マルチな副長。カブ隊にsekinoありと言われる、重要人物のひとり。

カブ隊副長をしている、abeは、Webデザイナーをしていることから、sugi9サイトの作成、活動記録の更新も行なっている。好き勝手にメンバー紹介の文章を書いてるのも、こいつだったりする。母体の教会とは幼稚園からのおつきあい。

rinrinchangは、カブ隊副長。静かに物事を観察し、的確に指示を出す理系の研究者。いずれは、人工知能を搭載した猫型ロボットを作るのではないかと期待されている。

子供時代を田舎で過ごしたという、kagawa は昆虫や植物などにも詳しい外遊びの名人。キャンプなどのアウトドアで大活躍の、カブ隊デンリーダー。息子もデンコーチとして活躍中なのだ。

shiotaカブ隊デンリーダー。ハイキングやナイトハイクなどのハードな活動もなんのそので活躍している。

カブ隊デンリーダーをしているshibuyaは、息子もリーダーとして活躍しており、ボーイスカウトのことならなんでもこいの有段者。

nonchannonchangは、赤ん坊のころからカブ隊の活動に参加していた、サラブレッド・デンリーダー。スカウトから大人気で、活動を盛り上げるのに欠かせない人物。

カブ隊デンリーダーをしているnatchannatsumiは、子どもたちと遊ぶのが得意。面倒見が良いので、スカウトたちがよく懐いている。

alice okaniwaは、不思議の国からやってきたカブ隊デンリーダー。子どもたちを温かく見守り、安心感をもたらす不思議な力をもっている。いつか、不思議の国へ帰ってしまうんじゃないか、と心配されているらしい。

paul tsumuraメッセンジャーとしてキャンプなどのイベントで活躍している。たまに、ボーイ隊長のお兄さんと間違えられることが、あったりなかったりするのだとか。

 
 

ボーイ隊

stephen tsumuraは、ボーイ隊隊長。小学2年生からスカウトの経験がある、生え抜きの叩き上げ職人。ボーイスカウトの知識と技術が、9団のなかで飛びぬけていることから、ミスターボーイスカウトと呼ばれている、かもしれない。

akiraakiraボーイ隊副長。運動能力が高く、キャンプでも大活躍している。高さ5メートルの信号塔から、梯子を使わずスルスルと降りる離れ業を披露し、そのうちSASUKEに出るのではないかと噂されている。

ボーイ隊副長をしているkaikaiは、持ち前の明るさで、9団の盛り上げ役となっている。他団にも顔が広く、ボーイスカウトの申し子のごとく活躍している。

amakenボーイ隊の鬼の副長として恐れられている反面、スカウトたちに真摯に向き合う姿勢から人気も高い。また、プログラマーとしても活躍している、数学的思考の持ち主。

ボーイ隊副長をしているryuは、9団のホープ。若くてエネルギィに溢れている。運動神経が良く、韓流な風貌であることから、マダムから人気がある、かもしんない。

9団いちの力持ちであるnagasakaは、ボーイ隊副長。ボーイ隊リーダーだけれども、カブ隊の活動にも助っ人で参加したりと、ボーイスカウト愛に満ちている。

 

ベンチャー隊

団委員長であり、ベンチャー隊隊長でもあるasaharaは9団のボス。もの凄い博識で、歩く広辞苑と呼ばれているとかいないとか。ひとつ質問をすると、もの凄い情報量で返答してもらえる。

ベンチャー隊副長をしているjinは、活動以外の集まりに顔を出すことが多い。盛り上げ役として活躍していたが、めっきり現れなくなった。たまには、顔だしなさい。。

 


#